タイトル
翁 永飆(おう えいひょう)
1969年、中国・上海生まれ。96年、横浜国立大学大学院電子情報工学研究科で修士号を取得。2000年にアクセスポート(現JWord)を設立し代表取締役に就任。その後、07年にキングソフト取締役、08年に沈海寅氏とともに共同で同社代表取締役社長に就任し、現在に至る。日本語も堪能
(撮影:村田 和聡)

 マイクロソフトの独壇場だったオフィスソフト市場に、異変が起きている。中国のソフトメーカー、キングソフトが発売する「オフィス2010スタンダード」が、販売本数ベースでオフィスソフト部門の首位に立った。これは、季節要因による一時的な現象か。それとも大きな地殻変動の前ぶれか。当事者に手応えを聞いた。

■5月のオフィスソフト部門のランキングで「キングソフト・オフィス2010スタンダードUSB起動版」が首位に立ちました。しかも、御社の製品がベストテンに4つもランクインしています(BCN調べ、図1)。

 当社がオフィス互換ソフトを日本市場に投入してから、まだ3年しか経っていません。その短期間で、これほど幅広い支持を頂いたのは望外の喜びです。

 そもそも私たちは「オフィスソフトでナンバーワンになろう」とか「マイクロソフトのシェアを奪取しよう」とか、そんな大それたことは考えていません。それよりも、マイクロソフト製品とは別の“もう1つの選択肢”を提供したい。それだけを考えて事業に取り組んできました。その姿勢が、お客様に評価されたのだと思います。

【▼売上げランキングベスト10に、4製品がランクイン】
図1 調査会社のBCNがまとめた、5月のオフィスソフトのランキング。「KINGSOFT Office2010 Standard USB起動版」が販売本数で首位に立った。同社の製品が、ベストテンに4つもランクインしている
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら