2010年は国民読書年。出版物も読書スタイルも多様化した今、紙の書籍を手に取って読むだけが読書ではない。デジタル化した書籍を、パソコンや携帯電話、専用の読書端末などで読むスタイルも、広がりつつある。米グーグルなどは、膨大な書籍をデジタル化して、インターネット経由で検索、閲覧できるようにする取り組みを進めている。また、書籍などのデジタルコンテンツをネットワーク経由で提供する「電子図書館」の取り組みも世界中で始まっている。国立国会図書館の長尾真館長に、インターネット時代の図書館の役割と、これからの図書館のあり方について聞いた。

■国立国会図書館は、どのような役割を担っていますか。

 国立国会図書館の役割は大きく2つあります。一つは、国会議員からの質問や調査依頼に応え、国会議員の活動に必要な基礎資料を整えたり、届けたりすることです。

 もう一つは、国民に対してサービスをする、図書館の“総本山”です。これらの役割を果たすため、日本中の出版物をあまねく集め、半永久的に保存しています。国民にとって国立国会図書館は、日本における知識や情報の“最後の砦”です。これは我々の最大のミッションです。ほかの図書館と違い、納本制度つまり法律によって、日本の出版物はすべて国立国会図書館に集められます。

■電子図書館の利点を教えてください。

 国立国会図書館の電子図書館化が進めば、国会からの質問や依頼に対して、今以上に網羅的な調査が短時間でできるようになります。

 国民に対するサービスも充実します。元々国民の税金で運営する図書館ですから、全国の人に対し、あまねくサービスを展開したいと考えています。現代の情報ネットワーク技術を使えば、地域を問わず利用できるようになるでしょう。

 ただ、著作権法の制約や費用など、難しい面もあります。国立国会図書館は、書籍、雑誌、膨大なマイクロフィルムや古典資料、オーディオ・ビジュアルの資料などを、全部で3600万点ほど収蔵しています。日本中の人が満足できるサービスを実現するには、これらを全部デジタル化する必要があります。それには膨大な費用がかかり、なかなか一挙にはできないため、少しずつ進めているところです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら