拡大表示

瀬井 裕太郎(せい ゆうたろう)
1961年、福岡県生まれ。立教大学経済学部卒業。83年にワイ・イー・データに入社し、FDDの販売などを担当する。93年に相栄電器に移り、取締役営業部長、ソフトウェア事業部長、常務取締役営業本部長などを経て05年に社長に就任。Diskeeperの販売は、96年から手がけている
(撮影:村田 和聡)

 ファイルの断片化は、ハードディスクの宿命。パソコンを使うからには避けて通れない─。そんなこれまでの常識を打ち破るソフトが登場した。相栄電器が発売した「Diskeeper2010」は、断片化の発生そのものを抑えることができるという。なぜ、そんなことが可能になったのか。同社トップに聞いた。

■御社が昨年12月に発売した「Diskeeper2010」には、ファイルの断片化を抑制する「インテリライト機能」が搭載されています。どんな仕組みで断片化を抑制しているのですか。

 話をわかりやすくするために、まずファイル管理の仕組みからご説明しましょう。

 ご存知の通り、ファイルの保存・管理は、Windowsのファイルシステムが担当しています。ところが、Windowsのファイルシステムは、書き込み時にファイルのサイズを正しく認識できません。せっかくまとまった空きスペースがあっても、そこに記録せず、小さな空きを見つけては場当たり的に記録してしまいます。その結果、1つのファイルがバラバラに配置され、断片化が進行してしまうのです(図1)。

 それに対して、今回のDiskeeper2010は、データをHDDに書き込むときに、そのファイルのサイズを認識できるようになりました。これが、断片化防止のキモです。ファイルサイズがわかれば、それをまとめて配置できる空きスペースを探し出し、そこにファイルを保存すればいい。そうすれば、ファイルの断片化は起こりません(図2)。

【▼従来型=空席を見つけたらすぐに座ってしまう】
図1 Windowsのファイルシステムは、書き込み時にファイルのサイズを認識できない。まとまった空きスペースがあっても、そこに記録せず、小さな空きに場当たり的に記録してしまう
[画像のクリックで拡大表示]

【▼新技術=全員が並んで座れる空席を探す】
図2 Diskeeper2010は、データをHDDに書き込むときに、ファイルのサイズを認識できる。それと同時に、まとめて配置できる空きスペースを探し出し、そこにファイルを保存する
[画像のクリックで拡大表示]

■なるほど。しかし、いつも空きスペースが見つかるとは限りません。大容量のファイルを保存する場合、1カ所に連続配置できる場所が見つからないかもしれない。

 それは、おっしゃる通りです。十分な空きスペースがない場合、1カ所にまとめて配置することは物理的に不可能です。従って、このインテリライト機能が効果を発揮するには、ある程度HDDがデフラグされていて、連続的な空きスペースが十分確保されていることが前提条件です。

 こうした条件が整った環境であれば、大体80~90%の確率で断片化の発生を防止できます。そこで打ち漏らして断片化を発生させたものについては、これまで通りの手法でデフラグする。この二面作戦で、断片化を抑制・解消していくのが新製品の考え方です。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら