前回取り上げたiPad版のMicrosoft Officeだが、しばらく試用した結果、使う価値のあるアプリだと確信した。そこで、今回から短期集中連載という形で詳しく紹介していこう。今回は、ExcelとWordの使い勝手を紹介しする。次回はPowerPointの使い勝手に加え、ファイルの保存などについて取り上げる。なお、本記事はOffice 365のアカウントを所有してフル機能を使える状態で記載していく。

 さて、これまでにもiOS版のOffice互換アプリは数え切れないほど登場していた。だが、どれも実用にはほど遠く、既存のファイルをプレビューしたり、テキストを入力するのがせいぜいだった。

 ところが、さすがは純正のOfficeだけあって、できることが大幅に増えている。Excelを使ってみて驚いたのは、オートフィルまで使えてしまうことだ。Excelとは作法が違うのだが、使い勝手は上々だ。まずタップしてセルを選択し、ショートカットメニューから「フィル」を選択するとセルの周囲に矢印が出てくるので、必要な範囲まで指定すればOKだ。数字が連番になるなど、Excelらしい便利さが再現されているのにはうれしくなった。

 Excelの場合は、セルに文字を入力するときと数値でキーボードを変えることができる。キーボードが表示されたら右上の「ABC」「123」というボタンを切り替えればよい。

オートフィルに対応するのには驚いた。
[画像のクリックで拡大表示]

数値入力用のキーボードに切り替え可能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら