iPad用のMicrosoft Officeがようやくリリースされた。これまでもiPhone向きは利用できたのだが、iPadでも使えるようになり、より仕事にはマッチした環境で使えるようになったのだ。なお、iPhone版も同時にアップデートされている。

 基本的には無料で利用できるのだが、Office 365のサブスクリプションを持っているとさらにプレミアム機能が使えるようになる。無料版を使ってみてから、Office 365に申し込んでもかまわない。

 プレミアム機能は、以下の画面キャプチャーでリスト表示しているが、実にいいところを突いている。Wordでページの向きを変える、Excelのグラフ要素の追加、編集、PowerPointの発表者ツールなどがプレミアム機能だ。グラフの軸にラベルが追加できなかったり、PowerPointの発表でノートが見られないのは困る。だが、受動的に使おうと思うなら無料機能でも十分だろう。つまり、メールで送られてきたファイルを見るだけなら十分だ。ちょっとした文字編集にも耐える。だが、もう一歩踏み込もうとすると、いつか「無料版では困る」というタイミングが出てくるだろう。これから、Office 365を持つのが普通になると思われるが、これから数年が切り替えの時期だ。作業の内容や仕事への貢献度を考えつつ検討してほしい。

Microsoft Office
カテゴリ:仕事効率化/価格:無料(App内課金あり)

Microsoft OfficeのiPad版が登場。インストールは無料だ。
[画像のクリックで拡大表示]

機能説明が表示されるが、すぐに終わる。
[画像のクリックで拡大表示]

利用にはMicrosoftのアカウントが必要になる。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

プレミアム機能はこちらだ。
[画像のクリックで拡大表示]

すべての機能がメニューには表示されているが、「プレミアムでなければ使えない」機能については、画面のようなポップアップが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら