せめて英単語ぐらいは、いろいろ覚えたい

mikan
「mikan」(mikaniOS/無料、Android版リリース予定あり)

 英会話はダメでも、ちょっとしたWebで見かける英語とか、英語の読み物とか、英語を理解するために英単語ぐらいは覚えたいもの。やはり見ただけで単語の意味がどれだけ分かるかが、読解の勝負になる。

 ちょっとしたゲームなどでチェックしてみても、びっくりするぐらい知らなくて、自己嫌悪に陥ることもある。そんなふうにならないためにも、いつでもどこでも使えるスマホで、ヒマなときやちょっとした空き時間などに英単語を覚えたいと、思う。

 英単語などさまざまなことを覚える、というテーマについては、以前、「Anki」というパソコンソフト/スマホアプリで連携できるシステムを提案したことがある。これは自分で自由自在に単語帳を作って覚えられる、なかなかステキなシステムだった。有志の作った単語帳なども利用できる。

 「Anki」もステキだが、今回は、英単語を覚えることに特化したアプリ「mikan」を紹介しよう。現役の東大生が、もっとも早く効率よく暗記するために、自ら実践していた学習方法をアプリ化したものだということで、リリース前から話題になっていた。知っている単語を右へ、知らない単語を左にスワイプする操作で、英単語が効率的に覚えられるのだという。

 つい先日の2014年10月27日、ついにiOS版がリリースされた。Android版は2015年春にリリース予定という。説明にはこうある。

「圧倒的に一番速く覚えられる英単語アプリ」というコンセプトを基につくられたmikanの特徴は 以下の通りです。

1. 最適な復習:テスト結果に基づいて覚えていない単語だけを何度も復習できる無料アプリです。
2. 簡単操作:英単語を左右にスワイプして、簡単に学習できます。
3. ネイティブの発音:ネイティブスピーカーにより全ての単語が発音されます。
4. 4択テスト:学習後すぐに定着度を測るための4択テストが行うことができます。
5. 豊富な収録語彙:TOEFL3000、TOEIC2500、センター・大学受験2500、GRE1500の合計 9500単語を収録。(※1)

(※1)最初のバージョンはTOEICやTOEFL等の試験を目指す方向けに単語をセレクトしています が、年内にも日常会話などを目的とする学習者向けのカテゴリも追加予定です。

図1 「mikan」の公式ページ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら