さて、先月末LINEを乗っ取られた息子ですが、海外にいたためか?退出まで36時間もかかりました。ちょうど、ID認証などのシステム強化の直前だったため、LINEも忙しく、手続きが遅くなったのかな、と、思ったよ。

 そしてその後の話。
 「その後、LINEはどうした?」
 LINEなんて超うっとうしい、と愚痴っていた彼に尋ねたら。
 「それがさぁ、違うアカウントでまたLINEに入ったんだよ」
 「へぇ、あんなにめんどくさいって、ブツブツ言ってたのに?」
 「便利だからね、しかも、みんなしてるし」
 ところが!!彼が続ける。
 「不思議なことがあったんだ。違うアカウントなのに、これまで購入したスタンプがサービスですって、LINEからプレゼントされたんだよ」
 「へぇ、アカウントが違っても、同じ人って認識されてるのね。しかも購入履歴もしっかり。げげ、いろんな情報をつかまれているってことだね」
 「だねーだねー」
 というわけで、LINEとは離れられないみたいです。

 そうそう、女性の知人でもう一人、スマホのアクシデントが。その子と写メを撮ったので、
 「携帯にメールで送って」
 と頼んだら。
 「すみませんトコさん、実は、電話帳がすべてなくなって、今はLINEだけしか送れません」
 だとさ。彼女は、iPhoneですが。iCloudに電話帳を保存していた。で、うっかり、違うアカウントで登録したら、今までのiCloudの電話帳が全く見られなくなったそうよ。
 「そりゃあ、困ったね。でも電話帳はmicro SDカードとかに入れてないの?」
 「iPhoneはないんですよ」
 「そうかっ、Androidは、microSDカードがあるから電話帳はそこに保存できるの。だから簡単に回復できるのよね、ふふふ」
 と、Android派のトコは、すかさず自慢をぶちかました。

 「えーん(泣)。なのでLINEだけしか連絡が取れず。今は、LINE経由で一人ずつ連絡先を集めている最中なんです」
 と、彼女。で、トコもその場で、携帯メールを教えたよ。

 うーむ、しかし、これは、私らド素人の会話なので、
 「いやいや、こうやったら電話帳見ることができますよ」
 なんて担当ネモトから突っ込まれているに違いないが。

 LINEで困ったり、助かったりしている人たちがあちこちにいますね。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら