遅ればせながら、先日青組で参戦した。まだレベル3の新人だ。

 何のことかというと「Ingress」というスマートフォン向けのゲームである。これまでAndroidアプリのみだったところ、7月23日からiOS対応アプリがリリースされ、iPhoneユーザーの筆者も参戦できるようになった。

 大ざっぱに言うと、陣地取り合戦というところだ。プレーヤーは「XM」という謎のエネルギーを巡り「エンライテンド(覚醒者)」か「レジスタンス(抵抗勢力)」のいずれかに属し、世界規模で勢力を争う。色分けにより前者は「緑チーム」「緑組」、後者は「青チーム」「青組」などと呼ばれたりしている。筆者は青チームを選んだ。フランス映画が好きで「レジスタンス」という響きに敬意を感じたからだ。それ以上の意味はない。

 設定によると、我々人類は「XM」に対するスタンスの違いから2陣営に分かれて戦っていることになっている。しかしXMを受け入れようとする緑チームは当然として、XMに抵抗する青チームまでもがXMを利用して戦っているのは自己矛盾のような気がしないでもない。青チームのほうが分が悪いような気がする。だって争いというのは正当性より思い込みが強い方が有利だもの。そもそもなぜ人類同士で争わなくてはならないのかという根本的なところが引っ掛かる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら