2014年7月12日、プレゼンテーションのコンテスト「日経パソコンカップ2014」の学内選考会「岩大プレゼン大会」が岩手大学で開催されました(関連記事:大学生協「日経パソコンカップ2014」開幕、福島大代表が決定)。岩手大学生活協同組合が新入生に提供している「キャリアアップ講座」の集大成となる選考会です(関連記事:2013年の岩手大学選考会の様子)。観客や審査員の前で、学生が自ら作成したスライドを使い、プレゼンテーションを発表しました。285名の講座受講生の中から、名乗りを上げた11名が、3チームに分かれてプレゼンテーションの技術を競いました。

「岩大プレゼン大会」に参加した出場者11名。3チームに分かれてプレゼンテーションの技術を競った
[画像のクリックで拡大表示]

人気テーマは「ポケットルーター」

 チーム「金6なかい班」は、「ポケットルーター」をテーマに発表しました。まずは据え置き型ルーターとポケットルーターの違いを説明しました。続いて、旅行に出かける大学生が多いというデータを示し、旅先で観光情報の収集や外出先からのレポート提出に使えるなど、大学生の視点からポケットルーターの利点を説明しました。まとめとして、大学生の生活スタイルには、ポケットルーターが便利と結論づけました。

 チーム「いっさっさスクール」も、「ポケットルーター」を取り上げました。大学生にとってポケットルーターを便利に利用できるシーンとして、就職活動を挙げました。ホテルなどの滞在先から就活サイトを利用したり、企業からのメールに返信したりできるといったメリットを説明しました。また、スマートフォンと固定回線を利用する場合と、スマートフォンとポケットルーターを利用し、データ通信をポケットルーターに一本化した場合の料金を比較し、料金面でもポケットルーターの導入にメリットがあると説明しました。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら