Gmailの自動同期が電池を減らす要因になっている…

 筆者の持ち歩くAndroid。最新スマホのNexus 5だったり、電話中心に使っているNexus 4だったり、ミニタブレットであるNexus 7だったり、さらに小さくて可愛いfreetelだったりするのだが、これらで押しなべて困るのが、電池の減りが早いこと。

 そういえば先日、奇妙なことが起こった。F1を中心に見ているCS放送にノイズが入るのである。それも、2~3分ぐらいに一度の等間隔で。映像にはブロックノイズが、音声はバチバチっと途切れる感じで、解説者の話が聞き取れない。

 これはたぶん、アンテナとか配線とかチューナーとかの故障だと思い、スカパーのサポートに電話して、点検に来てもらった。ところが、機器や配線には、何の異常もなく、アンテナレベルも至って正常。結局「何かの電波障害かも」みたいなコメントを残して業者さんは帰っていった。

 そんなこんなで、ふと思い当たった筆者、LTE通信が可能なNexus 5や7の電源を切ってみたところ、CS放送のノイズが嘘のようにおさまった。

 この一連の現象で実感したのは、Androidというのはそんな短い(2分に1回ぐらい)間隔で通信をしているのか、ということ。これは、Googleのアカウント同期のタイミングであろうが、こんなに頻繁に通信をしていたら、電池も減りが早いのもうなずける。

 そうそう、Androidの自動同期を減らして節電するアプリ、という触れ込みの「節電♪2倍長持ちバッテリー」というアプリを、前にこのコラムで紹介したことがある。これを使うと、「5分に1回」で「2倍長持ち」、「30分に1回」で「3倍長持ち」、「常に遮断」で「4倍長持ち」という感じになる。そんな感じで、2~3分ごとに行われるアカウントの自動同期をどうにかしたい、というわけである。

図1 Androidの自動同期を減らして節電する「節電♪2倍長持ちバッテリー」の画面
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら