みなさん、モバイルしていますか?最近は、スマートフォンの中でも、ファブレットと呼ばれる大画面のスマートフォン「Xperia Z Ultra」を愛用しています。Xperia Z Ultraは、珍しい機種で、auからLTE版、ソニーモバイルコミュニケーションズからWi-Fi版が発売されています。まるで、タブレットのようなラインナップになっています。

 普段は、au版を使っているのですが、ソニーモバイルコミュニケーションズより、WI-Fi版もお借りしました。au版とWi-Fi版は、ほぼ機能では差がなく、LTE機能、おサイフ機能、ワンセグ機能など、au版にしかない機能はありますが、同じように活用できる端末です。

 2台のXperia Z Ultraがあったら、みなさんはどうしますか? 2台をどうやって併用しますか? 普段、複数台のスマートフォンを併用している私ですが、この同じスペックの2台の端末を併用すると、意外に便利であることがわかりました。

 理由としては、3点あります。一つは、スペックが同じであるため、アプリケーションなどを同じセッティングで使うことで、全く同じように活用できます。つまり、移動中は、au版を使い、会社や自宅のデスクにWi-Fi版を置いて利用するという方法で、ストレスなく2台が使えます。例えば、会社や自宅でWI-Fi版を使っているときは、au版を充電しておき、出先ではau版を使う、という使い方だけでも、十分便利です。

 もう一つの理由は、クラウド活用です。データを全てクラウド経由で管理しているため、2台の端末でクラウドにアクセスすることで、同じデータを扱うことができます。

 最後の理由は、2台を併用しても、Wi-Fi版は月額通信料がかかりませんので、負担が少ないことです。

 という訳で、2台のXperia Z Ultraを併用する上で、2台を同じ環境にしてみましたので、その方法をご紹介します。

左がWi-Fi版、右がau版のXperia Z Ultraです。外観の違いとしては、背面のロゴが、Wi-Fi版はSONY、au版はXPERIAになっています。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら