毎回、仕事に役立つJavaScriptのプログラムを紹介している本連載です。意外にも、160回を超える今回まで、アナログ時計の作り方を紹介していませんでしたので、今回、HTML5の技術で自作のアナログ時計を作る上でのポイントと共に紹介します。ここでは、PCはもちろんのこと、iPadやAndroidなどのタブレットで動くように最適化してみます。

今回作るアナログ時計。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら