「原稿書き」用のXPパソコン7にしようとしたが…

 筆者は仕事柄たくさんのパソコンを管理している。そのほとんどはWindow7か8。ところが1台だけ未だにXPのマシンがある。それは筆者が原稿書きに使っている、小型のデスクトップだ。

 このマシンは、XPでしか動かないアプリケーションが入っているなどの事情もあって、XPのまま使い続けてきた。キューブ型の激安な「ベアボーン」を調達して、他のマシンで不要になったCPUを入れたもの。なのでスペックが低く、起動にすごく時間がかかる。

 2014年4月9日(日本時間)にWindows XPがサポート終了になる。つまり、セキュリティを維持するためのアップデート(更新プログラム)が提供されなくなる。今後XPにセキュリティホールなど何らかの問題が見つかったとしても、それを修正して安全性を高めることができない。これはとても怖い。そのあたりは、日本マイクロソフトの公式Webサイトに情報があるので、参考にしてほしい。

図1 日本マイクロソフト公式サイトのアナウンス。
[画像のクリックで拡大表示]

 ゆえに、4月9日までにこの原稿書きマシンをどうにかしなければならない。そう思いつつも、書かなければならない原稿が毎日山のようにあって、しかもとんでもない忙しさが続いていて、アップグレードなどは手付かずのまま3月に突入した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら