世の中にはスマホ→ガラケーに戻したい人も多い…

 筆者にとっては便利で仕方がなく、片時も肌身から離せないと思っているスマホ。だが、せっかくスマホを購入・契約したのに、元のガラケーに戻す人も少なくないと聞く。スマホの使い勝手が複雑なのが理由のようだ。

 AndroidにしてもiPhoneにしても、パソコンに触れたことがない人がパソコンを始めるときと同じぐらいの苦労はするだろう。実際スマホは、「小さいパソコン」だと考えても間違いではない。使い勝手の複雑な機械を「これから使いこなすぞ!」という覚悟がないと、心が折れてしまう。“文系人間”の筆者にはよく分かる。

関連記事:実録版、ガラケーからスマホへ乗り換えるときに初心者が陥るワナ

 使いこなせていないうちに、スマホには電話やらメッセージやらがどんどんかかって(送られて)来る。電話をかけるにはアドレス帳アプリを操作しなければならないし、メールを送るには、スマホの文字入力に慣れなければならない。最初にストレスを感じるのは当然である。

 というわけで、スマホを契約して1週間ぐらいで「元に戻せないか」と言う人も少なくないようだ。実際に、1週間でせっかく機種変更したスマホをガラケーに戻してしまった友人を知っている。

筆者がガラケーに戻したいのは、また違う意図

 実は、筆者もスマホをガラケーに戻したいと思うようになった。これは、上のような理由とは少々異なる。スマホから「電話&SMS」という「重要な連絡手段」を切り出したい、というのが主な理由である。

 ガラケーなら基本料金も安い。筆者が利用するソフトバンクモバイルの場合、パケット通信を使わないなら934円(税別)のホワイトプラン+電話代+αぐらいで済む。電池ももつし、管理が楽だ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら