先週は、ソニーがPCビジネス部門を売却して撤退するというニュースで持ちきりでした。昔、勤めていた会社のことでもあるし、VAIOが立ち上がる前に退社したので、VAIOにはなにも関わっていませんが、NEWSやQuarter L、PalmTopなど、ソニーのコンピュータ系ビジネスに関わったので、あまり他人事のようにも思えません。

 このニュースに関して「スマートフォンやタブレットが増えてPCは売れなくなっている」といったような話が出ていますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 現在、PCは世界中で年間に3億台近くが出荷されています。 現在の上位5社は、順にレノボ、HP、デル、エイサー、エイスースです(表1)。上位3社で全体の半分以上を出荷している状態で、特に上位2社(レノボとHP)の年間出荷台数の合計は1億台を越えており、世界中に出荷されているPCの1/3は、この2社が供給していることになります。このPCの出荷台数を2008年から四半期単位でまとめたのが図1のグラフです。

表1●パソコンメーカーの出荷台数の比較
米Gartnerのプレスリリースより引用(http://www.gartner.com/newsroom/id/2647517)。*2012年と2013年の第4四半期の出荷台数の比較。
会社名2013年
第4四半期
出荷台数
2013年
第4四半期
マーケットシェア(%)
2012年
第4四半期
出荷台数
2012年
第4四半期
マーケットシェア(%)
出荷台数の
伸び率*
Lenovo14,932,40818.114,005,09315.86.6
HP13,592,60016.414,642,58116.5-7.2
Dell9,773,82111.89,205,89210.46.2
Acer Group6,474,7387.87,703,7528.7-16
ASUS5,399,0006.56,661,4837.5-19
Others32,461,04439.336,509,12341.1-11.1
Total82,633,61010088,727,923100-6.9

図1●PCの出荷台数は、2009年にリーマンショックで大きく落ち込み、2012年までに回復したが2013年に少し落ち込んでいる。しかし、リーマンショック前の台数は上回っており、景気変動の影響なのか、PCという製品が衰退傾向にあるのかは現状判断できない状態。なお、東芝は、2011年第2四半期まではトップ5に入っていたが、現在ではエイスースに取って代わられている。
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーの全世界でのビジネス規模は、年間で数百万台前後と言われており、一千万台には届かず、統計上は、その他に含まれてしまう規模でした。米国の調査会社のランキングでも全世界を対象にしたPCの出荷台数でトップ5に入ったことはありません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら