みなさん、モバイルしていますか? 2014年のモバイルシーンで、非常に盛り上がると思われるのが、タブレットです。ノートパソコンの代わりに、市場を席巻すると思われます。タブレットは、iPad、Androidなどのモバイル用OSを搭載したものが主流ですが、他に注目の製品があります。パソコン用OSのWindows 8を搭載したタブレットです。

 タブレットは、主にモバイル用途であるため、使用用途としては、Webやメールの閲覧がメインとなり、ノートパソコンのような作業をするニーズが少ないと考えられており、モバイル用のOS搭載が普及していました。しかし、昨年末より大きな変化が起きてきました。タブレット、しかも、8型サイズタブレットに、デスクトップ用のWindows 8を搭載した製品がリリースされてきたのです。

 モバイル用途で使うタブレットは、データ閲覧がメインとしても、ビジネスや作業で使いたいことが発生してしまいます。その場合、Officeの編集や、画像編集、サーバーへのアクセスなど、専用アプリを使いたいところです。パソコン用の環境は使いやすいアプリが揃っていますが、モバイル用アプリで同じ環境を整えるのは、非常に大変です。タブレットではなく、ノートパソコンを持ち歩いているユーザーにとって、パソコンのフル機能を持ったタブレットの登場は悲願でした。

 Windows 8リリース当初は、10型以上のタブレットスタイルのWindowsタブレットがリリースされていましたが、キーボードドッグを付けるとノートパソコンより重くなるような商品ばかりで、本末転倒でした。しかし、ここになり、8インチサイズで、さらに、重さも300gから400g程度の軽量小型のタブレットがリリースラッシュとなっています。

 300g台の8型タブレットに、200gのBluetoothキーボードを組み合わせても、わずか500g台程度と、ノートパソコンの半分程度の重さとなります。また、小さいため、かばんに占める面積は非常にコンパクトになります。8型Windowsタブレットは、まさに、モバイルユーザーにとって、理想の端末です。

 今回、Windows 8.1搭載で、8型ディスプレイ搭載機種の中では最軽量(2013年1月現在)の「Lenovo Miix 2 8」のレビューをお送りします。ストレージ32GBバージョンで、Microsoft Office Personal 2013を標準搭載しています(64GBバージョンはMicrosoft Office Home and Business 2013を搭載)。写真でご紹介します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら