●5段階なのに4段階のレーダーチャート

 学校の成績や製品の評価にレーダーチャートはつきものだ。これは別名クモの巣グラフ(スパイダー・チャート)とかスター・チャートとも呼ぶ。

「うーむ、大学受験の頃を思い出してしまった。常に偏差値トップだったワタシのレーダーチャートは、外側に目一杯振れていたものである」

 あらそう、そりゃよかったね。ま、キミの成績はどうでもよくって、図1A1:B7を見てもらいたい。これはある製品を5段階で評価したものだ。これを基にして「挿入」タブ→「その他のグラフ」→「レーダー」でレーダーチャートを作り、そのあとタイトルを調整して、グラフエリアのサイズを大きくしたものだ。

グラフエリアを大きくしたレーダーチャート
図1 レーダーチャートを作成してグラフエリアを拡大した。すると細かい目盛線が出てきてうっとうしい
[画像のクリックで拡大表示]

「お、なんだか目盛線の数が多くて見にくいぞ。それにこれって5段階評価だろ。4段階までしか表示されていないから、評価をきちんと反映したレーダーチャートとは言えんな」

 確かにキミの言う通りだ。一見それっぽいレーダーチャートに見えるけれど、実は穴だらけだ。以下、これを適切かつ見栄えの良いレーダーチャートに仕上げたいと思う。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら