今回は、来年からぜひ使いたいおすすめのカレンダーを2本紹介する。カレンダーアプリはとても本数が多いために、選択に迷ってしまう。しかも、後から登場したりアップデートしたものがとても使いやすくなっているケースもまま見受けられる。僕も常にチェックしているのだが、最近の新作やアップデートされたアプリは、驚くほどデキが良いのだ。今回は、アップデートを重ねて使いやすくなっている「Calendars by Readdle」と、最近人気の「+カレンダー」の2本を紹介しよう。

 Calendars by Readdle は、非常に使いやすいカレンダーアプリで、デザインも優れている。スケジュールとタスクを同時に管理できるアプリの中では、3本指に入ると言っても過言ではない。基本は無料だが、以下の機能を追加するにはアプリ内の購入が必要だ。ばらばらに追加していくと割高なので無料版を使ってみて良いと感じたらフルアップグレードをおすすめする。700円は安くないが、紙の手帳を1冊買うと思えば、妥当な出費だろう。

Calendars by Readdle
カテゴリ:仕事効率化/価格:無料(文章による予定入力、招待、繰り返しイベント、通知とカレンダー:各200円/タスク同期:300円/フルアップグレード:700円)


月間カレンダーは非常に見やすく、また、画面下部をタップすると各月へジャンプできる。
[画像のクリックで拡大表示]

こちらは週表示で、やはり画面下部でジャンプできる。
[画像のクリックで拡大表示]

画面上部のメニューをタップすると表示を切り替えられる。
[画像のクリックで拡大表示]

本体を横にすると週表示の情報量が増える。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら