PCおよびタブレットの販売実績を、OS別に集計すると、果たして、何が売れているのだろうか。
 BCNが集計している量販店のPOSデータをもとに分析してみた。
 これによると、11月に最も売れたOSは、Windowsであったが、最新のWindows 8.1ではなく、Windows 8という結果が明らかになった。

 集計によると、Windows 8は全体の46.2%と約半分を占める結果となった。
 特に、ノートPCだけを切り出して集計してみると、75.5%の構成比となり、実に4台に3台をWindows 8が占める結果となっている。また、デスクトップPCでも、57.2%をWindows 8が占め、こちらも2台に1台以上を占める計算だ。

 Windows 8を搭載した旧モデルが割安に販売されていること、それらを購入してもWindows 8.1に無償でアップデートができること、さらに、ソニーのように最新モデルでもWindows 8を搭載しているといった動きも見逃せない。
 この傾向は、12月の年末商戦が本格化しても継続しており、Windows 8が、需要の中心となっている。10月18日の発売からまもなく2カ月を経過しようとしているが、旧OSがこれだけ高い構成比で売れ続けているのは初めてのことだ。

2013年11月に最も売れたOS(デスクトップ、ノート、タブレット端末の合計)は最新のWindows 8.1ではなく、Windows 8だった。
[画像のクリックで拡大表示]

ノートPCだけを切り出して集計すると、実に4台のうち3台がWindows 8という結果に。
[画像のクリックで拡大表示]

デスクトップPCでも過半数をWindows 8が占める。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら