2013年11月1日のiPad Airの発売に続き、11月12日には、第2世代のiPad miniが発売となった。
 iPad Airの発売日は、10月23日(日本時間)の製品発表時点で明らかになっていたが、iPad miniの発売は11月中となっていたことから、多くの人が11月下旬を発売時期と見込んでいたようだ。

 だが、11月12日に、突然、アップルストアでの販売が開始され、同日夕方からは量販店でも、iPad miniの展示販売が開始された。
 発売当日は平日であったのにもかかわらず、量販店店頭には、2048×1536ドット(326ppi)のRetinaディスプレイを搭載した第2世代iPad miniをいち早く見たい、あるいは購入したいと考えたユーザーが数多く訪れていたのが印象的だ。

[画像のクリックで拡大表示]

11月下旬発売か?との大方の予想を裏切り、11月12日に突如、発売開始がアナウンスされたiPad mini Retinaディスプレイモデル。
[画像のクリックで拡大表示]

 iPadの販売戦略において、いまや主力となっているのは、iPad miniだ。
 BCNの調べによると、2012年11月~2013年10月までの1年間の販売台数を比較すると、第4世代のiPadは全体の32.8%。それに対して、iPad miniは61.6%を占めた。残りは、併売されているiPad 2が3.4%、在庫が残っていた第3世代iPadが2.2%となっている。
 つまり、ざっくりといえば、3分の2が7.9型液晶ディスプレイのiPad mini、3分の1が9.7型液晶ディスプレイのiPadという構成比になるのだ。ここからも、iPad miniが主力になっていることがわかるだろう。

iPadの販売戦略において主力となっているのはiPad miniだ。――2012年11月~2013年10月における月次合算(BCN調べ)。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら