噂のグーグルスマホ「Nexus 5」が突然、国内発売…

 11月初め、SNS上の友達が騒がしかった。2013年11月1日付けで、突然米グーグル(Google)が、新しい“純正”スマホを売り始めたからだ。筆者の持っているメインスマホ「Nexus 4」の次世代の「Nexus 5」というAndroidスマホ。噂によれば、年明けになりそうだとも言われていたのに、あまりに急である。これはGoogle Playストアでの話で、11月15日にはイー・アクセス(イー・モバイル)でも取り扱いが始まるという。

図1 Google Playストア「Nexus 5」のWebサイト。
[画像のクリックで拡大表示]

 Nexus 4の発売が日本国内では遅れに遅れ、つい先日だっただけに半信半疑だった。だが、Google Playストアではちゃんと注文を受け付けている。商品ページがあるのに半年近く注文ボタンを押せなかったNexus 4とは大違い。日本を含む世界同時発売というのはなかなかうれしい。

 Nexus 4のストレージ不足(筆者の入手したのは8GBの香港版)に悩んでいて、いっそのことNexus 4の16GBモデル(日本向けモデル)でも入手しようかと思っていた筆者にとって、Nexus 5の発売は朗報だった。

グーグル純正ならではのメリットが

 ところで、グーグルの提供するNexus系のスマホ/タブレットは、余計なアプリが入っていないし、動きもわりとサクサク、OSのアップデートが真っ先に提供される。グーグル好きの筆者的は入手せずにいられない。このNexus 5には、最新OSであるAndroid 4.4(キットカット=KitKatという開発名)が他の端末に先駆けて搭載されており、これも注目ポイントになっている。

 早速スペックをチェックしてみた。Nexus 4は、LTE非対応だったり、かなり節約しないと足りなくなりそうなストレージ容量だったり、中途半端なところがあった。16GBモデルしかなくてしかも4万9800円という「割に合わなさ感」もあった。

 それに比べてNexus 5は最新の一歩進んだスペック。価格面でも(いずれも税込み)、16GBモデルが3万9800円、32GBモデルが4万4800円という。筆者の心にすんなりと入り込んできたので、そのまま注文してしまった。

 Nexus 4での苦い経験もあって、ストレージは大きい方のモデル(32GB)を選んだ。カラー(白/黒)も選べるので、今回はあまりなじみのない「白」にしてみた。この注文をしたのが、11月1日のことである。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら