待ちに待ったWindows 8→8.1のアップデート…

 昔からのWindowsユーザーにとっては、スタートボタンがないことをはじめとして、さまざまな不便さを余儀なくさせられていたWindows 8。このほどWindows 8.1へのアップデートが既存のWindows 8ユーザーに向けて無償公開された、というニュースを聞いて早速アップデートしてみた。

 アップデートは、デスクトップのWindows Update、ではなく「Windows ストア」から実行する。ストアの何のカテゴリのどこにあるのかな、と思っていたら、冒頭に大きく掲げてあるので、すぐに分かった。

図1 アップデートがまだのWindows 8マシンなら、「ストア」を選ぶと冒頭に「Windowsのアップデート 無料でWindows8.1に更新」とあり、ここからすぐに更新できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 筆者の所有する、Windowsミニタブレットの「アイコさん」(Acer Iconia W3-810)でアップデートを行った。ネットワークは無線LANなので、ダウンロードに結構時間がかかる。有線LANにつながったパソコンなら、もっと早く済むだろう。ダウンロードの後は、ちょこちょことした手順を経て、無事8.1へのアップデートが完了した。

 インストール前に、暫定的に入れてあったサードパーティー製の「スタートボタン」ソフト(筆者の場合はIObitの「Start Menu 8」)をアンインストールした。これは新しい8.1のスタートボタンとだぶってしまうし、不具合が起きる可能性を考えると、片付けておいた方がよさそうだ。とりあえず、常用の「Revo Uninstaller」の「完全モード」で、レジストリやゴミファイルなども含めて、きれいにしておく。

見た目が少しずつ変わっている

 インストールしてみたら、スタート画面には「フード&レシピ」「ヘルスケア&フィットネス」など、アプリが増えている。あと、操作感が多少変わった。例えば、スタート画面を上にスワイプ(マウス操作のマシンは、左下の「↑」をクリック)すると「アプリ」(後述)が表示されるようになり、下端を外から中へとスワイプすると「すべてのアプリ」ではなく「カスタマイズ」ボタンが現れる。Windows8→8.1の変更点については、PC Online内のこの記事この記事が詳しいので、参考にしよう。

 筆者にとってうれしいのは、8.1ではアイコさんのようなディスプレイ解像度が低いマシンでも、アプリを2画面並べて表示する「スナップ機能」が使えるようになったこと。8ではこのスナップ機能は「1366×768ドット以上の画面解像度が必要」だったのが、1280×800ドットのアイコさんでも利用可能となり、使い勝手が向上した。

図2 8.1では、アイコさんのようなディスプレイ解像度が低いマシンでも、アプリを2画面並べて表示する「スナップ機能」が使えるようになった。画面はアプリ版のIEと、デスクトップ画面を並べて表示しているところ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら