みなさん、モバイルしていますか? ドコモのiPhone 5s/5cでは、ドコモの各種サービスの対応が発売に間に合わず、随時対応となっています。特に注目だったのがspモードメール対応です。ドコモユーザーにとっては、spモードが使えるかどうかが重要でした。対応すれば、@docomo.ne.jpドメインのメールアドレスを使えるようになるからです。このspモードメールへの対応が10月1日より開始されました。

 spモードメールへの対応は、Androidのようにアプリ対応ではなく、構成プロファイルでの対応となりました。つまり、iPhone内蔵のメールアプリを利用して、spモードメールが使えるようになります。そのためには、ドコモの「お客さまサポート」にアクセスして、ダウンロードをインストールをする必要があります。その手順を画面でご紹介します。

図1 Safariからdメニューにアクセスして「お客様サポート」を選択します。
[画像のクリックで拡大表示]
図2 「お客様サポート」から「spモード利用設定」を選択します。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「spモード利用設定」の画面より、「spモード利用設定」を選択します。
[画像のクリックで拡大表示]
図4 spモードパスワードを入力します。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「spモード利用設定」の構成プロファイルのインストール画面となります。「インストール」を選択します。
[画像のクリックで拡大表示]
図6 spモードメールで使う「フルネーム」を入力します。この「フルネーム」は後で変更可能です。
[画像のクリックで拡大表示]

図7 インストールが完了すると、ホーム画面に「dメニュー」「dマーケット」「サポート」のアイコンが表示されます。このアイコンは、各ページにアクセスするSafari用のショートカットとなっています。
[画像のクリックで拡大表示]
図8 内蔵アプリの「メール」を起動すると、spモードメールが追加されており、spモードメールの利用ができるようになっています。
[画像のクリックで拡大表示]

図9 フルネームの変更は、「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」→「spモードメール」より行います。
[画像のクリックで拡大表示]
図10 「名前」を変更することで、フルネームの変更ができます。
[画像のクリックで拡大表示]

このiPhoneで使うspモードメールのユニークなところは、Wi-Fi環境でも使えることです。Wi-Fiが使える状況なら、SIMカードが挿さっていない状態でも利用できます。また、違うSIMカードが挿さった状態でも利用できます。つまり、SIMカードを別の物に変える場合には、この構成プロファイルのインストールの作業をまた行わないと、そのSIMカードにひもづいたspモードメールが使えないことになります。

 spモードメールをiPhone 5s/5cで使う上での注意としては、まだプッシュ通知に対応していないことです。また10月中に、ドコモメールというクラウド型の新サービスにspモードメールの移行が開始されますが、iPhoneへの対応は遅れる模様です。

 個人的には、日常的に使うメールは、GmailとSMSにしてしまっているため、spモードメールの必要性をあまり感じていません。しかし、長くドコモを使っているユーザーにとっては、同じメールアドレスを使い続けられることは、大きなメリットになると思われます。ドコモ版iPhoneユーザーは、spモードメールの構成プロファイルのインストールをお勧めします。