最近は、アップル発表会前に飛び交う噂の、その的中率が高まっているのだという。今日2013年9月10日(現地時間)に発表された新型「iPhone 5s」でお目見えした指紋認証システムもその1つだ。

2013年9月に「iPhone 5s」の新機能として発表された指紋認証「Touch ID」
[画像のクリックで拡大表示]

 スワイプできるタッチスクリーンでiPhoneをデビューさせたアップルが、今度は指紋認証を「Touch ID」を解錠に使う(詳細は「写真で見るiPhone 5s/5c」参照)。未来的な操作をデバイスに盛り込もうという同社の意気込みが、まだまだ健在なのはうれしい。

 この指紋認証を使うと、これまでのようなパスワードを入力する手間が省け、指先をボタンに接触させるだけでいい。iTunesで楽曲を買ったり、Appストアでアプリを買ったり、iBooksで電子書籍を買ったりする際の認証も、このTouch IDで済ませられるという。

これまでなかなか普及しなかった指紋認証

 ただし、そのスマートさを評価しつつも、「指紋認証を万能なセキュリティーと信じ込むのはまだ早い」という注意深い声もある。

 根拠の1つは、これまでにも指紋認証を採用したデバイスはいろいろあったものの、なかなかうまく機能しなかった例が多かったということ。なかなか指紋を読み込まないとか、手が濡れていたり汗をかいていたりする場合にはうまく認識しないといったことだ。

 アップルの指紋認証技術はかなり高度だろうから、そうした機能上の弱点は克服しているだろう。かなりの解像度で読み込むようだし、最近の技術は一度のスキャンで複数の指紋データを照らし合わせるため、少々のズレや汚れなどは問題にならないらしい。

 それでも、セキュリティ上完全かというと、そうはいえない面がある。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら