今回は、Eevernoteにため込んだ情報から新しいアイデアを生み出せるアプリ「Bubble Browser for Evernote」を紹介していく。実は、以前からMac向けのアプリが入手でき、その美しいデザインと、洗練されたインタフェースに惚れ込んでいたのだ。最近、iPad版が登場したのだが、このアプリこそタッチ操作で使うのに向いていると実感できた。Eevernoteユーザーにはおすすめの1本なので、450円という価格に引くことなくインストールしてほしいと思う。

 とはいえ、まずは本記事でその機能をチェックしていただきたい。機能は情報探しのみに割り切っているので、使い手を選ぶのだ。

 基本的な機能は、「ノートを探し出して読む」――これだけだ。ところが、ノートが大量に増えすぎたために自分自身でも忘れていたノートまで引っ張り出してこられるのがBubble Browser for Evernoteの素晴らしいところだ。

 残念ながら本コーナーの写真はすべてスクリーンショットなので、動きは感じられないのだが、Bubble Browser for Evernoteの画面は多くの場面でゆるゆると動いている。画面に大量に表示される「バルーン」が微妙に動いているのだ。この有機的な、ちょっと揺らいでいるようなたたずまいがとてもいい感じなのである。

 では、さっそく使っていこう。アプリをインストールして起動すると、最初にEevernoteのアカウントとの関連づけを設定する。

Bubble Browser for Evernote
カテゴリ:仕事効率化/価格:450円


アプリを起動したら、Eevernoteのアカウントを登録する。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルの読み込みが始まるので少し待っていよう。
[画像のクリックで拡大表示]

ファイルを読み込んだ。このバルーンに意味があるのだ。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら