みなさん、モバイルしていますか? ウィルコムから夏モデルとして、非常にユニークな機種が発表されました。クレジットカード型のPHS「だれとでも定額パス」です。クレジットカード型ということでも十分ユニークですが、さらに使っているAndroidスマートフォンの通話料を定額にしてしまう機能を持つ、画期的な商品です。

 「だれとでも定額パス」本体だけでは通話機能がありません。Bluetoothでスマートフォンと接続し、アプリで通話する仕組みになっています。つまり、「だれとでも定額パス」を財布やかばんの中に入れておき、通話にはスマートフォンを使うスタイルになります。アプリさえ対応していれば、メーカーや通信会社を問わずに利用できます。つまり、既存のAndroidスマートフォンにPHSの通話機能を追加することができるのです。

 だれとでも定額パスは、ウィルコムの通話定額プラン「だれとでも定額」を利用できます。1回の通話が10分まで、月に500回まで、携帯向けも一般回線向けも通話料が0円になるというプランです。スマートフォンを機種変更することなくPHS回線が使え、さらに通話定額プランまで使える、という夢のような端末です。

 実際には、Androidアプリの機種対応状況、Bluetoothのペアリングが可能かどうか、という要素があるため、全てのスマートフォンで利用できるわけではないので、注意が必要ではありますが、非常にユニークな商品です。だれとでも定額パスには、月額490円という低料金の専用プランが用意されています。さらに、もう1台無料キャンペーンの2台目、3台目として利用すれば、月額料金が0円になるため、維持費がリースナブルになります。通話定額プランのだれとでも定額をl月額980円を付けても、通話をたくさん使う人なら大きな負担にはならないでしょう。

 この使い方で夢の広がるだれとでも定額パスのデモ機をお借りしましたので、写真で紹介します。実際の商品と違うことがありますで、ご了承ください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら