概要

 Windows快適化ツールの定番製品「SuperWin Utilities」の最新版が登場した。本製品を連載で取り上げるのは、実に4回目になる。過去3つの記事は次の通りだ。

 今回のSuperWin Utilities 3は、Windows 8に対応し、タッチ操作を意識したユーザーインタフェースに変更されている。もちろん、Windows XP/Vista/7でも利用可能だ。販売から10周年を迎え、Windows快適化ツールの定番として定着した最新版SuperWin Utilities 3は何が変わったのか、さっそくレビューしよう。

SuperWin Utilities 3のメインメニュー。Windows 8のタッチインターフェイスでも操作しやいようにデザインが変更されている。もちろん、Windows XP/Vista/7でも利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

オススメ度

こんな人に向いている

Windows 8がいまひとつ使いにくい、と感じているユーザー
Windowsを高速化したいユーザー
Windowsのいろいろな不満を解消したいユーザー

動作環境

●OS
・Windows 8 Enterprise、8 Pro、8
・Windows 7 Ultimate(SP1)、Professional(SP1)、Home Premium(SP1)、Starter(SP1)
・Windows Vista Ultimate(SP2)、Business(SP2)、Home Premium(SP2)、Home Basic(SP2)
・Windows XP Professional(SP3)、Home Edition(SP3)
※日本語版のみ対応。
※Windows 8/7/Vistaは、32ビット版および64ビット版に対応。Windows XPは、32ビット版のみ対応。

●ハードディスク
300MB以上の空き容量

価格

・パッケージ版(3ライセンス):7800円(税込み8190円)
・ダウンロード版(1ライセンス):3800円(税込み3990円)
※その他に乗換版や5ライセンス、10ライセンスのパックもあり。詳細はインターコムのWebページを参照

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら