筆者の机の上には、スマートフォンを置くためのスタンドがあります。筆者が帰ってきて、このスタンドにスマートフォンを置くと、Bluetoothが自動的にオンになって、デスクトップパソコンと接続します。そして、スマートフォンの音楽プレーヤーが起動して音楽の再生が始まります。スタンドは、秋葉原で買ってきた普通のもの。純正のオプションでもありません。

 秘密は、スタンドに貼ってあるNFCタグのシールです。AndroidのNFCアプリがインストールしてあり、スタンドに貼ったシールに一連の指示が記録してあるのです。スタンドに置くと、スマートフォン背面のNFCリーダーがこれを読み取り、アプリが指示に従って動作するわけです。

 NFCが規格化され、Androidに組み込まれたために、こうしたことが可能になったのです。もちろん、NFC対応であれば、スマートフォンはどれでも大丈夫です。

 この機能は、NFCのタグリーダー/ライターの機能を利用していて、NFC対応のAndroidならすべて利用できます。NFCタグは登場当初は高かったのですが、現在では1枚100円以下で入手可能です。筆者は、Amazonで20枚入り1365円というタグを購入しました。1枚当たり70円弱です。

AmazonでNFCタグを購入した。送られてくるのはこんなパッケージ。
[画像のクリックで拡大表示]

中にはNFCタグシールが20枚入ってる。シールの粘着面にはアンテナなどが見える。この下にNFCチップが入っている。
[画像のクリックで拡大表示]

 これは、丸いシールの裏側にアンテナが印刷してあり、小さなICチップが貼り付けられています。NFCタグ自体は、単にデータを保持しているだけで、NFCリーダーがこれを読み取って、内容を解釈して処理を行います。また、タグには、もう少し固い素材できた「チップ」のようなものもあります。形はいろいろありますが、基本的な機能は同じです。

 これを使えば、例えばリビングに移動したら別の無線LANアクセスポイントに接続するとか、冷蔵庫に貼ったシールを読んだら料理レシピのWebページを開くとか、車のスマートフォンスタンドに置いたらハンズフリー接続して地図やナビのアプリを起動する、といった一連の処理が行えます。あるいは、NFCタグに自分の連絡先を登録しておいて、名刺代わりに相手に読んでもらうこともできます。

 なんだか、専用のアプリ起動ボタンが増えたような感じです。NFCの物珍しさもあるのですが、設定やアプリの起動などをシールにタッチするだけでいいという点が違います。シールをあちこちに貼って、その場所に依存した処理を実行するというのもあるのですが、一連の処理を起動するユーザーインタフェースとしても便利そうです。シールなので貼らないとなくなりやすいのですが、カードなどの何か固いものに貼り付けて持ち歩けば、それをかざすだけで設定やアプリが起動します(NFCチップはこうした使い方を想定したものでしょう)。モバイルルーターなら接続の設定を書き込んだNFCシールを貼っておいて、使うときには、これにスマートフォンでタッチするという使い方もありでしょう。

 NFCタグで何ができるようになるかは、アプリ次第です。AndroidのPlayストアを「NFC」で検索すると、多数の対応アプリが登場しています。NFCタグの検出で特定の処理を行うものから、タグへの書き込みができるものなど、さまざまあります。AndroidのNFC機能には「リーダー/ライター」が含まれているので、NFCタグに情報を書き込むこともできます。タグには、1つ1つ個別の番号があるため、他のタグで誤動作するということはありません。Androidの場合、書き込まれた情報からアプリを起動できます。また、アプリがインストールされていない場合、Playストアの該当のアプリのページが開きます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら