いまはやりの「ブルーライトカット眼鏡」---売れてますね。今回このコラムを始めるにあたり、「やはり最初の話題はこれを!」というくらいのグッズです。結論から言えば「効果あり」です。が、「効く人がいる」というのが、恐らくみなさんには分かりやすい表現になると思います。

 この眼鏡の売りは、「目が疲れない」ということです。パソコンやスマートフォンのLEDディスプレイからは青い光が多く出ています。この光、ピントがぶれやすいという特徴があり、ボケやにじみ、チラツキ、まぶしさの原因となります。ブルーライトカット眼鏡で青い光を遮ることにより、見ているモノがはっきりと見えて、その結果、目が疲れにくくなるというわけです。

1カ所を見続ける、ドライアイも疲れの原因

 ただ、パソコンなどを見ているときの目の疲れの原因は他にもあります。1つは、画面にずっと目のピントを合わせ続けることによる疲れ、もう1つはドライアイです。

 目は、遠くを見ているときが一番リラックスした状態。「目の疲れを予防するために、時々遠くを見ましょう」というのは、目をリラックスさせるためなのです。物を見ているときには、ピントを合わせるために目の中の筋肉が働いています。一方で、画面をずっと見ていると、目の筋肉が同じ状態を保つために緊張し、目は疲れます。

 パソコンでディスプレイを見て作業をしているとドライアイになります。人は1分間に20回ほどまばたきをしています。これが、パソコンのディスプレイを見ているときには約3分の1の6回にまで減ってしまいます。まばたきは涙を目の表面に広げる大事な動き。まばたきをしなくなると目の表面が乾燥し、その結果、疲れるのです。「目が乾く」のがドライアイだと思っている方も多いのですが、実はドライアイの方の多くは目の疲れを訴えます。ちなみに、パソコンでの作業時間が長くなると起こるドライアイは、市販の目薬では効果が出にくく、眼科での治療が必要な場合があります(これは後日記事にします)。

 パソコンやスマートフォンでの作業とは直接的に関係ないのですが、そもそも、眼鏡が視力に合っていない、眼鏡をかけた方がよいのに使っていない、ということも疲れの原因です。

 眼鏡やコンタクトレンズの度が強すぎる場合、近くを見るために目は余分な緊張を強いられています。この状態がずっと続くと目はかなり疲れます。

 40才前後になって「老眼」が出てきている場合は、老眼鏡をかける、あるいは眼鏡・コンタクトレンズの度数を弱くするということで対処しないと、これまた目が疲れてしまいます。小さい字が見えない、物を離して見るようになるのが老眼だと思いこみ、目の疲れの原因に老眼があると説明してもなかなか納得してくれない患者さんが多いのですが、これは「『老』眼」という呼び方が悪いからでしょうね。

 ……さて、まとめると、パソコンによる目の疲れ対策としては、ブルーライトカット眼鏡をかける、近く(画面)を見続けない、眼精疲労やドライアイ用の目薬を使う、近くを見るのに適切な眼鏡・コンタクトレンズの度数にする、そしてIT機器を使う際の環境を整える(これは後日記事にします)、などが挙げられます。ブルーライトカット眼鏡にするだけで目の疲れが取れる人ももちろんいますが、他の原因があるとブルーライトカット眼鏡をかけるだけでは解決しません。そこで冒頭の「効く人がいる」という説明になるわけです。ただ、この眼鏡はリーズナブルな価格で購入できるものも多く、試してみて損はないのでは? と思います。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら