シリーズ「紙の整理術」第51回は、付箋を使ったメモやToDoの管理に向く便利文具を紹介します。付箋にメモやToDoを書いて管理している人は多いでしょう。仕事中いつも視界に入るパソコンディスプレイのフレーム部分にこれらの付箋を貼っておけば、うっかり忘れも少ないでしょう。しかし、フレーム部分の材質にもよりますが、ここに貼った付箋ははがれやすいものです。知らないうちにはがれ落ちると、大事な用件を忘れてしまうかもしれません。

 今回は、パソコンディスプレイのフレーム部分に取り付けて使う、付箋貼り付け用のミニボード「トドイータ」(ライオン事務器)を試してみました。付箋でのメモやToDoの管理が思うようにいかない人はご参考にしてください。

「トドイータ」(ライオン事務器)。付箋に書いたメモやToDoの管理をスマートにできる。
[画像のクリックで拡大表示]

取り付けは付属の両面テープで

 どんなに便利そうな文具でも、使いにくかったり場所を取ったりするのでは、そのうち使わなくなってしまいます。「トドイータ」なら、付属の両面テープをボードの裏面端に貼り、ディスプレイのフレームに取り付けるだけで使えます。ボードのサイズは、幅60×長さ250×厚さ1mmなので、場所も取りません。

 ディスプレイ周りがうるさい感じで嫌という人もいるでしょうが、これまで同じ場所に付箋を貼っていた人なら、違和感は少ないと思います。ボード本体下部をL字に折り曲げれば付箋置き場もつくれるので、メモやToDoを書きたい時、付箋を探す手間が省けます。

ボードの裏面端に、付属の両面テープを貼る。
[画像のクリックで拡大表示]

ディスプレイの右端に貼り付けるだけで使える。
[画像のクリックで拡大表示]

ボードの下部をL字に折り曲げれば付箋も置けて便利。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら