直井研究員(以下、直井):所長~! またこの時期がやってきましたね。

平野所長(以下、平野):そうだね。今年のスギ花粉は例年の倍以上らしいね。花粉症の直井さんはさぞかしつらいだろう。

直井:違いますよ、所長。私が言いたいのは「新入社員研修シーズン」がやってきましたねって話です。

平野:4月の入社まで、まだ1カ月もあるじゃないか。たしかに準備は必要だけど、ちょっと気が早いんじゃないかい。もちろん、3月から研修を始める会社もあるだろうが、うちへのご依頼は4月に集中していたはずだ。

直井:所長! ビジネスメール研修所のミッションは、ビジネスメール教育を浸透させる。みんながメールで困らない社会を作る。これでしたよね??

平野:そ、そうだけど。いきなり鼻息が荒いね。

直井:今こそ、その役目を果たす時だと思うんです!

平野:役目というと?

直井:新入社員研修は、外部の講師を招くこともありますが、社内の先輩社員が担当することも珍しくありません。

平野:そうだね。

直井:名刺交換や電話のかけ方、ビジネスマナーについて、1日くらい時間をとって説明をして、あとはOJT(On the Job Training)で先輩社員が教える。そのついでにメールの指導もする。そうした会社は少なくないと思います。

平野:新人研修でメールをじっくり教える会社はまだまだ少ないからね。ビジネスメールを学んだことのない人が、自分の経験だけで教えるケースは多そうだ。

直井:自分のメールが正しいか自信がないけれど、教えているという人は多いと思います。

平野:メールの場合、電話やビジネス文書といった他のコミュニケーションツールに比べてルールが確立されていない。だから、新人さんから「CCとBCCの違いってなんですか?」「件名って必ず書かないとダメなんですか?」「毎回名乗らないといけないんですか?」といった質問がきたら回答に困ってしまうかもしれないね。

直井:困っている人、多いと思います。

平野:直井さんが言いたいことはよく分かったよ。ビジネスメール研究所として、新入社員研修を担当する人たちが知っておくべきことを、しっかりレクチャーしようってことだよね。

直井:はい! さすが所長、勘が鋭いですね!

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら