直井研究員(以下、直井):所長~!ちょっと見てください。このメール。

平野所長(以下、平野):どれどれ……。

[画像のクリックで拡大表示]

直井:なんだか、文字の位置がずれているように見えるんですが……。錯覚でしょうか。

平野:錯覚ではないよ。なぜか、直井さんの名前と挨拶で字下げをしているようだね。ビジネスメールの場合、特に1文字スペースを空ける必要はない。原則、全て左詰めだ。これを見ていると10年前くらいのビジネスメールを思い出すよ。

直井:みんな、字下げしていたんですか?

平野:みんなではないけれど、ビジネス文書のように字下げしているメールはよく見かけたよ。「拝啓」と書いたメールも多かったなぁ。時候の挨拶もよく見かけた。今ではずいぶん減ったけれど、改行がまったくないメールも珍しくなかったよ。

直井:今とは違いますね。

平野:恐らく、メールを使っていくうちに、自分のメールが他の人とちょっと違うことに気づき、微調整するんだろう。そうして、世間一般で良しとされるメールの形が決まっていくんだ。みんながメールを使うようになると、メールに絶対的なルールはないからこそ、多くの人が使っている方法が一般的なルールになる。みんなが書いている書き方がスタンダードになるんだ。

直井:多くの人が左詰めで書いているなか、今回のように字下げをしている人は、やはり強いこだわりの持ち主だってことでしょうか。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら