シリーズ「紙の整理術」第43回は、消しゴムについてです。パソコンでの作業が多い人が大半の今、消しゴムなんて、と思われる方は少なくないかもしれません。それでも消しゴムは文具として必需品なので、消しやすい消しゴムを持っていたほうがいいのはいうまでもないでしょう。たかが消しゴム、されど消しゴムなのです。少なくとも、いい消しゴムを使うと、使いにくさによるストレスが確実に減ります。仕事でそこそこ消しゴムを使う人なら、紙の情報整理がはかどります。今回は材質、機能、形から消しやすさを追求した、独自の特徴が光る消しゴムを6点選んでみました。気に入ったものがあれば、ぜひ使ってみてください。

材質、機能、形から消しやすさを追求した消しゴム6点。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら