今回は、最近少しずつ話題になってきているNFCを取り上げる。NFCは、Near Field Communicationの頭文字を取った言葉で、近距離非接触通信のことだ。用語や技術の話しはさておき、楽しく使うことに重きを置いて色々と試してみよう。

 おサイフケータイ(FeliCa)も同様の無線通信技術なのだが、世界的にはNFCがスタンダードになりそうだ。最近のスマホやタブレットには、NFCを採用するモデルが少しずつ増えてきている。今回は、Nexus 7を利用してテストしていく。

 NFCが楽しいのは、スマホなどをライターとして情報を書き込めることだ。キーホルダーやステッカー、カードなどの形をしているICタグを手に入れれば、そこに情報を書き込める。

 例えば、「Nexus 7にキーホルダーをかざすだけで、Bluetoothをオフにする」なんてことができてしまうのだ。しかも、Nexus 7自体がライターになるので、情報の書き込みができる。つまり、自分で色々な機能をするICタグを作り上げられるわけだ。

 今回は、オレンジタグスに協力をいただいて、NFCに対応するタグをお借りした。手っ取り早く入手するには、Amazon.co.jpで「オレンジタグス NFC」で検索すればよいだろう。300円程度から入手できる。

専用のタグをかざすと、さまざまなコマンドを実行できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ICタグには、カード型、キーホルダー、シールなどがある。
[画像のクリックで拡大表示]

シールも中には、こんな感じになっている。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら