シリーズ「紙の整理術」第40回は、ちょっとした作業がはかどる紙の小技についてです。仕事をしていると、ちょっとした作業でも面倒臭いことはあり、小さなストレスになるものです。ところが、このような作業ほど、ちょっとしたことだからといって、改善しない人は少なくありません。今回はこれらの作業が少しの工夫で改善される、4つの紙の小技について解説します。面倒臭さ、小さなストレスがなくなるので、ぜひ試してみてください。

【小技1】普通の卓上付箋を片手ではがせる付箋にする

 ノートやパソコンのフレームなどに貼ったりはがしたりできるため、卓上のメモ帳代わりに、大きな正方形の付箋を使っている人は多いと思います。なかでも一枚ずつ片手ではがせるポップアップ式の付箋が便利です。例えば、電話をしていてメモの必要性が生じても、左手で受話器を持ったまま右手で付箋をはがし、メモすることができます。ただ、普通のものよりも値段が高いため、敬遠する人も少なくないかと思います。

 ところが、はがせる両面テープを使えば、普通の卓上付箋でも、片手ではがせるようになります。作り方は簡単で、付箋の裏面の上下二辺にはがせる両面テープを貼り、ペン立ての横など、邪魔にならないところに貼って固定するだけです。この方法なら、100円ショップで買った卓上付箋でも、片手ではがせる付箋にすることができます。このほか、ボックスティッシュの四隅にはがせる両面テープを貼って固定すると、片手でティッシュを引き抜いても、箱が動いてしまうことはありません。

(1)付箋の裏面の上下二辺に、はがせる両面テープを貼る
[画像のクリックで拡大表示]

(2)邪魔にならないところに固定する
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら