Windows 8が正式出荷され、店頭にプリインストールマシンが並び始めました。RTM(Release To Manufacturing)の配布も始まっていたので、すでにWindows 8をお使いの方もいると思います。

 Windowsは、世界中の多数の人が使うことを想定しているため、その設定値などは無難なものになっています。初期状態では使わずに、設定を変えるなどカスタマイズして使うのが本当の使い方だと思います。そこで、今回は、いくつか最初にやっておくべき設定などを紹介することにしましょう。

デスクトップやノートPCならこのショートカットだけ記憶すればOK

 恐らく、タブレットに変形可能なコンバーチブルタイプやタブレットを買ってタッチ操作するというユーザーよりも、デスクトップやタッチ機能のない普通のノートパソコンで使うというユーザーの方が多いのではないでしょうか。そういう場合、以下のショートカットを覚えれば、操作が格段にラクになります。どれもWindowsロゴキー(以下[Win]キーとします)との組み合わせです。

[Win]+[C]キーチャーム(Charm)の表示
[Win]+[D]キーデスクトップ(Desktop)への切り替え([Win]+[B]も可)
[Win]+[X]キーシステムメニューの表示

 まずは、この3つの組み合わせだけ覚えておけば、キーから多くの操作が可能になり、かなり便利になります。システムメニューの組み合わせは、Windows 7までは「モビリティセンター」の起動に使われていたキーの組み合わせなので、記憶されている人もいるでしょう。Windows 8では、コマンドプロンプトの表示や名前を指定して実行、そしてモビリティセンターなど、多くの重要な機能がこの[Win]+[X]キーで実行可能です。

[Win]+[X]キーを押すと画面左下にメニューが表示される。ここからコマンドプロンプトやファイル名を指定して実行といった機能が利用できる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら