みなさん、モバイルしていますか? ニコンからユニークなコンパクトデジタルカメラが発売になりました。「COOLPIX S800c」です。見た目は普通のコンデジなのですが、何とAndroidと無線LAN機能が搭載されています。つまり、カメラとAndroid端末を合体させてしてしまった、力技のコンパクトデジタルカメラになっています。

 カメラ機能としては、1602万画素CMOSセンサー、10倍ズームレンズ(35mm判換算25-250mm、F3.2-5.8)、1080pのビデオ撮影機能を搭載しており、通常のコンデジとして不足のないスペックです。このカメラに、背面タッチ液晶で操作できるAndroid 2.3が搭載されています。

 Android端末にカメラ機能が搭載されていることはイメージできるのですが、デジカメにAndroidが搭載されると、どんな端末になるのか、どうやって使うのか、なかなかイメージがつかめません。そこで、実機をお借りしましたので、レビューをご紹介します。

図1 重さが約184gの通常のコンパクトデジタルカメラのサイズです。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 背面は約82万ドットの3.5型ワイド有機ELモニターを搭載。ホームボタンを押すと、Androidに切り替わります。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら