iPhone 5の登場が話題になっているが、iOSが最新の「iOS 6」へとアップグレードしたことも見逃せない。例えば、SiriはiPhone 4以前では利用できないなど、機能や機種によって制限はあるものの、iPhone 3GS以降に幅広く対応しており、iPad 2もアップグレードできる。iPhone 4Sなら、ほとんど制限なく利用できると考えていよいだろう。個人的には、現役で利用している初代のiPadが対応から外れているのが悲しいところだ。

 iOS 6の新機能は200を超えると言われているが、今回はその中でも特に注目のものをピックアップしていく。

(編集部注:本記事の内容は、2012年9月22日現在の情報に基づいています。)

 すでに大きな話題になっているのがマップだ。地図情報のダメさ加減は、書き尽くされた感もあるので、ここでは割愛する。僕が試した限り、日本では「Flyover」表示ができる地域はないようだ。これも非常に残念で、いち早く対応してほしいところである。

 実際にマップを利用してみたが、問題は地図情報だけではないようだ。特に困ったのが、検索の貧弱さだ。例えば、「アウトレット」と検索すると、米国のアーカンソーにあるらしい「トレット」という場所が表示される。「軽井沢 アウトレット」で検索しても目的の場所は出てこない。「軽井沢 プリンスショッピングプラザ」「軽井沢 ショッピングプラザ」で検索するとヒットするのだが、現実の利用シーンでは正式名称が浮かばないケースも少なくないはず。

 ちなみにGoogleで検索すると「軽井沢 アウトレット」で問題なくヒットする。カーナビとして使うにしろ、場所を探すにしろ、もう少し検索の懐を広くしてくれないと厳しいところだ。

Flyover機能は、主要な都市に対応しているとのこと。
[画像のクリックで拡大表示]

非対応の日本の東京は主要な都市ではないように思えて残念である。まあ、凱旋門も表示できないようなので、逆に納得だが。
[画像のクリックで拡大表示]

アウトレットで検索すると表示される米国の「トレット」。訪れる人は少なそうだが……。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら