スマートフォンのワイヤレスヘッドセットと言えば、通話に特化した耳掛けタイプのものか、音楽観賞にも使えるヘッドフォンタイプ、もしくは、ヘッドフォンを接続するアダプタータイプが大半を占める。今回取り上げるソニーモバイルコミュニケーションズ(旧ソニー・エリクソン)のMW1は、後者に属するが、プラスアルファの機能を備える。Androidスマートフォンとの連携で新着メッセージ等を確認できる機能を持つのだ。

画面付きレシーバーとカナル型ヘッドフォンのセット

 MW1はブロック状のBluetoothレシーバーとカナル型のステレオヘッドフォンがセットになった製品だ。

 BluetoothはVer3.0対応で、プロファイルはA2DP(高音質の音楽伝送)、AVRCP(AV機器のリモコン操作)、HFP(通話のハンズフリー機能)、SPP(シリアル通信)に対応している。SPPはスマートフォンとの連携機能で利用される。HSP(音声の双方向通信)には非対応だ。

 音楽の伝送コーデックにはBluetooth標準のSBCのみ対応しており、iPhone等が対応するAACや、一部のAndroidスマートフォンが対応するapt-Xには対応していない。その代わり、音声伝送ではコンテンツ保護のSCMS-Tに対応しており、ワンセグ放送の音声も聴ける。

 MW1の一番の特徴は、ヘッドセットには珍しく、ディスプレイがあること。本体操作をメニューを見ながら行えるだけでなく、着信電話番号や、再生中の音楽の曲名、アーティスト名などの情報も表示される。さらに、Androidスマートフォンと連携し、メッセージ表示も行える。

 また、単体でFMラジオ、MP3プレーヤーとしても使えるのも特色だ。

ソニーモバイルコミュニケーションズのBluetooth ヘッドセットMW1。標準価格1万2800円。メーカー表記では「スマートワイヤレスステレオヘッドセット」となっている。一緒に写っているスマートフォンは、小型モデルXperia ray(NTTドコモ SO-03C)
[画像のクリックで拡大表示]

付属のヘッドホン。FMチューナーのアンテナを兼ねる。コードは左側が短く、右側は首の後ろを回すデザイン。レシーバーはクリップで胸付近に付けることが前提なので、コードの接続側も短い
[画像のクリックで拡大表示]

ヘッドホンはカナル型。イヤーピースは4サイズ分が付属。コードは幅広でフラットな形状になっておりからまりにくい。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら