前回紹介したケソン小学校は、サムスン電子のスマートスクールモデル学校だった。これとは別に、ソウル市教育庁が支援するスマートラーニング研究学校がある。

 ソウル市の場合、2008年から実施しているデジタル教科書研究学校に追加して、2011年末にスマートラーニング研究学校を新たに3校指定した。2011年に開校したばかりの小学校、中学校、高校1校ずつで、キャリアのLGU+が学校内どこでもWi-Fiが使えるようにネットワークを、サムスンがタブレットのGalaxy Tab10.1を、LGが電子黒板と大型3DTVを提供する。教室の壁には子どもたちがグループごとに資料を作成して発表するときに使う大型スクリーンが4つある。教室の中には学習履歴を保存するサーバーもある。

 筆者が訪問したスマートラーニング研究学校は、モクウン中学とシンド高校である。両方とも「スマート教室」という特別室が学校の中にあり、教師が必要に応じてスマート教室を使って授業をする仕組みになっている。ここに入ってびっくりしたのは、壁全部にスクリーンがあり、それを授業中全部使いこなすということだった。

シンド高校のスマート教室。このように教室の壁全部がスクリーンになっている。子どもたちはグループごとに資料を作成して、スクリーン上に映して発表する
[画像のクリックで拡大表示]

 スマート教室は教室の3面が40型以上の電子黒板になっていて、正面には3DTVも設置してある。教室にはタブレットPC、電子ペン、電子ペーパー(普通の紙だが特殊なプリントをする)、3D用メガネが置いてあり、これら道具を使って授業を行う。子どもたちがタブレットPCの電源を入れて出席ボタンをクリックすると、電子黒板に映し出された出席簿の名前の色が変わり、学習履歴や端末に書き込んだ内容などがすべてサーバーに記録される。

 電子ペーパーに電子ペンで書き込むと、何を書き込んでいるのかリアルタイムで一人ひとりのペーパーを電子黒板に映して確認できる。教師はクイズ問題を電子ペーパーに印刷して、授業が終わるころ、子どもたちがちゃんと理解しているかどうか確認するためテスト用紙を配る。子どもたちが電子ペンで電子ペーパーに答えを書き込むと自動で採点が終わり、クラスの平均や成績トップは誰かといったこともすぐ電子黒板に表示できる。

シンド高校のスマート教室にある電子黒板に、生徒が手元で電子ペーパーに書き込んだ内容を映しているところ。電子ペンで書き込むと同時にリアルタイム表示する。採点も自動的に行われる。画面左側、縦に並ぶのは配られた電子ペーパーのテスト用紙。右にあるリストは出席簿。タブレットPCから生徒が授業参加をクリックすると出席チェックを行う
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら