●動的なグラフを作る

 表をテーブルとして設定しておくと、追加したデータに応じて動的に更新できるものがいろいろある。

 例えばSUM関数と組み合わせれば、追加データを自動的に集計できた(「『テーブル』+関数で追加データを自動集計せよ」参照)。ならば、追加したデータが自動的にグラフに反映されたとしたらとても便利に違いない。

 実はテーブルの範囲をグラフの範囲として指定しておくと、追加データを自動的にグラフに反映できる。

「ほお。そりゃ、便利そうではないか」

 そうなのだよ。実例を紹介しよう。図1は、A1:B6をテーブルとして設定し、さらにA1:B6を範囲にした棒グラフを作った。A列の日付はA2に「8月1日」と入力して、それをA6までオートフィルしたものだ。

テーブルとグラフを連携する
図1 A1:B6をテーブルとして設定した。テーブル名は「テーブル1」のままにした。そしてA1:B6から棒グラフを作成した
[画像のクリックで拡大表示]

 では、準備ができたらA6セルを選択する。そしてセル右下隅のハンドルをA7までドラッグしてマウスから手をはなす。はい、たった以上の操作で、表には「8月6日」が追加され、グラフの「項目名」にも「8月6日」が追加された。

グラフにデータを自動追加する
図2 A6を選択してセル右下のハンドルをA7までドラッグする。するとグラフに新たな項目名「8月6日」が表示された
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら