平野所長(以下平野):ちょっと、ちょっと。直井さん、このメールは何だい?

直井研究員(以下直井):さっき送ったメールですか? 原稿の確認依頼です。いつもながらバッチリ! 明日の10時までに、原稿のチェックをお願いしますっていう内容です。

平野:え!? ちょっと厳しいなぁ……。

直井:ちゃんと期限を書きましたよ。あと24時間あります。

平野:おいおい。今日はこれから取材を受ける予定だし、明日のプレゼン資料も作らないといけない。しかも、明日は朝から終日外出だ。もっと相手の都合を考えないと。私のスケジュールは把握しているよね?

直井:はい……(しょぼん)。もう出来上がっている原稿の確認だから、そんなに時間がかからないかなって思ったんですが……。

平野:それは直井さんの想像だよね。

直井:すみません。期限を設けるのって難しいですね。

平野:そうだね。

直井:メールで「いついつまでに返信をください」って期限を書くとき、依頼日からどのくらい時間を置くべきなのでしょうか?実は、似たような質問が届いています。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら