●範囲を指定して集計できるか

「前回(SUMIF関数の魔術師を目指せ)のテーブルの集計について苦言を呈したい」

 お、キミが口を開けばまた文句だな。苦言なんてカッコつけずに文句があると言えばいいのに。

「何を言うか、文句ではない。使い勝手について異議があるということだ。そもそもテーブルで集計する場合、3回から6回までのように範囲を指定して集計するものではないか。前回のものはそのニーズを満たしておらん」

 うっ、キミの指摘は正鵠を射てはいるな。確かに前回のシートは「以上」や「以下」などには対応していたけれど、「3回から6回まで」などといった下限と上限の範囲には対応していなかった。

「どうだ。苦言耳に痛しと言えども、真摯に耳を傾けるべきである。反省しろ」

 ふん、何が苦言耳に痛しだ。それを言うなら良薬口に苦しだろ。しかし、キミが口を開けば文句と切り捨てた点は私が悪かった。謝ろう。

「分かればよろしい。さ、話を続けなさい」

 ……しかしこの横柄な態度、何とかならんのかな。

「ん、何か言ったか?」

 いや何も。ま、それはともかく、「3回から6回まで」などと範囲を指定する場合、その値を入力するセルを設けるべきだろう(図1)。問題は「合計」のセルにどういう数式を仕込むかだ。

下限と上限の範囲を指定して集計する
図1 「開始」と「終了」のセルを設けて、ここに得点を集計したい範囲を指定する。問題はD4に仕込む数式だ

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら