「非公開のGoogleプロフィールは7月31日に削除される」で、Googleプロフィールについて書いた。

 Google+がスタートするので、Googleプロフィールがそれに合わせて原則公開、実名制に移行するという話だ。

 実名制がいいか匿名制がいいかという議論はインターネット以前のパソコン通信時代から続いているものであり、結論は出ていない。当時の感触では、プライバシーが流出するのは怖いとか、仕事を持っている身では実名では危なくて書き込めないといった理由で匿名派が優勢だった。ところが、インターネットがビジネスの基本ツールとなったあたりから風向きが変わってきた。インターネットで探しても情報が出てこないことのマイナスの方が強く意識されだしたのである。

 実名か匿名か、自分の好きな方を選べばいいが、Googleの各サービスを使いこなそうすると実名派にならざるを得ないようだ。

図1 Google+のホーム画面。書き込みは「すべて」「友だち」「知人」などから選べる。投稿者名はローマ字もあれば漢字もあるが、実名が基本。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら