今回は、エレコムから新発売された「スマホ文具」シリーズの「マーカーシート」と付箋を紹介する。

 紙のメモを撮影してデジタルデータとして保存するツールが数々登場しているが、そのバリエーションのひとつだと考えればよいだろう。最大の特徴は、撮影してデータ化するためのノートではなく、シートであることだ。これまでの製品は、専用のノートにマークがプリントされていて、それを撮影することでデータ化していた。つまり、利用するにはノート自体を購入する必要があるわけだ。

 対してこのマーカーシートは、透明な樹脂の板で、厚みなどは下敷きに近いと思えば分かりやすいだろう。普通のメモ用紙やノートに重ねることで、撮影するためのマークとして機能するわけだ。自分で好みのメモ用紙やノートを利用できるのがポイントで、新聞や書籍などを取り込むことも可能だ。

 サイズは、A7からA4まで用意されており、さらに柔らかいソフトタイプと、下敷きのように硬いハードタイプがラインアップされている。

 切り取った紙などを撮影するならハードタイプ、ノートなど綴じられた用紙を取り込みたいときには、ソフトタイプが適しているだろう。ただ、使い分けが厳密に決められているわけではないようなので、迷ったらソフトタイプを購入しておけばよさそうだ。A4サイズの場合で、ソフトタイプは1470円、ハードタイプは1785円だ。

 中途半端なサイズのメモ用紙を使っている場合は、やや大きめのシートを妥協して使うことになりそうだ。

スマホ文具シリーズのマーカーシートは、サイズごとに製品が用意されており、繰り返し使えるのが便利だ。
[画像のクリックで拡大表示]

[画像のクリックで拡大表示]

シートの左上には4つの数字がプリントされており、専用のマーカーをセットしてフォルダー分けができる。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら