2011年秋、米スタンフォード大学の授業「人工知能入門」がWeb上で受講できるようになった。最近では授業映像や資料の公開は珍しいことではないが、この授業はテストや学習サポートがある「教育サービス」として無償で提供され、瞬く間に人気になった。

16万人が受講した授業

 190カ国から16万人以上の人がこの授業に登録したが、この数はスタンフォード大学の全学生数の10倍以上である。多くの人々が一流の講師の授業をオンラインで学びたいと思っていることが、一気に明らかになったのである。

 この授業を企画した教授の1人セバスチャン・スラン氏は、米グーグルと自動操縦車両の研究をしていることで知られる。彼は多くの人々に授業を届けるため、大学の終身雇用資格をなげうってオンライン教育サービス「Udacity」を立ち上げた。プログラミング技術を中心に無料で受けられる授業を増やしており、本記事執筆時点で、検索エンジンの作り方やロボット自動車のプログラミングなど6コースを提供している。

Udacityの授業。講師が手描きで図解しながら説明する映像と、理解度判定テストを組み合わせている。映像の構成は、前回紹介したカーンアカデミーに類似している
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら