平野所長(以下平野):直井さん、あの件はどうなった?

直井研究員(以下直井):あの件って何ですか?

平野:研修の問い合わせがきていたよね。返事をしたかい?

直井:これから返事をします。

平野:忘れないようにね。

直井:はい。

平野:確認をお願いしていた文例集の原稿はどう? 今日が期限だよね?

直井:今、報告のメールを作っているところです。

平野:了解。午前のうちに見るから送ってね。

直井:分かりました。

平野:あと、意見を求めていたWebサイトのデザイン案は見た?

直井:まだ見ていません。これから見る予定です。

平野:う~ん。直井さんの業務管理はどうなっているの? 依頼が漏れているような気がしてくるよ。

直井:大丈夫ですよ!

平野:進捗が分からないから気になってしまうんだよね。

直井:今からやろうとしていることばっかりです。それなのに……。

平野:直井さんが動き出す一足前に私が気になってしまうようだ。まぁ、直井さんの仕事が遅いってことかもしれないけれど。

直井:えぇ!? どうしてそうなるんですか!! 期限は守っているのに。

平野:期限の直前に作業しようとしているのがダメだ。それに、進捗を報告しないと。

直井:まだ失敗もしていないのに……。

平野:相手に要求される前に必要なものを提示する。それができると仕事の主導権を握れるようになるんだよ。

直井:主導権を握るって、どうやったらいいんですか? 私みたいに立場の弱い人間には難しいです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら