Blizzard Entertainmentの大人気オンラインゲーム、Diablo IIIが2012年5月15日、全世界で発売された。保存版パッケージがソウル市内で先行発売された14日、イベント会場には5000人近くが集まり、徹夜する人まで出た。15日午前9時から始まったネット販売では、限定版パッケージを購入するためユーザーが殺到し、SKテレコムが運営するネットショッピングサイト「11番街」のサーバーがダウンして、サイトそのものにアクセスできなくなるという事故まであった。

Diablo IIIの流通会社であるSonokong社の告知画面。韓国ではパッケージ販売にユーザーが殺到してネットショッピングサイト「11番街」のサーバーがダウンしたほどの人気。一般パッケージも売り切れで5月30日から発売を再開する
[画像のクリックで拡大表示]

 限定版パッケージを購入すると、ゲームをインストールするためのUSBメモリーのほか、ゲーム制作過程を記録したDVDとゲームの中で使える特別アイテムが特典として付く。中古サイトでは早速限定版が取引されていて、定価9万9000ウォン(約6700円)のところ、プレミアムがついて3倍ほどの値段が付いている。一般パッケージ・デジタル版は5万5000ウォン(約3700円)で販売されている。

 Diabloは、パソコンにゲームをインストールしてから、ネットワークを経由して戦うオンラインゲームの一種で、一度はまるとほかのことは何もできないほど中毒性が高いことから、韓国では「悪魔のゲーム」、「大学入試ブレーカー(受験勉強ができない)」、「タイムワープゲーム(夢中になってしまい、気が付くといつの間にか2~3日が過ぎている)」とまで呼ばれている。

 Diablo IIIの初期画面を立ち上げたパソコンの前にカップラーメンとお菓子を山積みしたネットカフェでの写真を掲載し、「いよいよスタート!」と引きこもりになることを宣言するユーザーが続々登場。パソコンの仕様が古すぎてDiablo IIIをインストールできず、プレイするためだけに最新のパソコンに買い替えるユーザーも少なくない。自作向けパソコンやパソコンの部品を扱うネットショップの売り上げが大幅に上昇しているとして、韓国のマスコミは「Diabloシンドローム」というタイトルで連日報道している。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら