みなさん、モバイルしていますか? NTTドコモとKDDI(au)の2012年夏モデルの新製品発表がありました。昨今のスマートフォンブームを反映して、スマートフォンが非常に多く発表されました。発表会場にて、実機に触れてきましたので、写真でご紹介します。

 まずドコモです。ドコモは、端末に非常に力が入っており、スマートフォン16機種を発表しました。全てがAndroid 4.0を搭載しています。以下のような特徴があります。

  • 高速通信サービス「Xi」対応が12機種
  • スマートフォン向け放送サービス「NOTTV」対応が5機種
  • 液晶サイズが3~5インチまでと幅広くなった(3インチ4機種、4インチ10機種、5インチ2機種)

 豊富なバリエーションから選択できるようになっています。スマートフォンに加えて、NOTTV対応タブレット、Xi対応モバイルWi-Fiルーター、キッズケータイも発表がありました。写真でご紹介します。紹介の順序は私が個人的に気になった端末の順となっています。

図1 「GALAXY S III SC-06D」。GALAXY Sシリーズで初めておサイフケータイに対応。ディスプレイは約4.8インチありますが、薄いためか、大きさを感じませんでした。Xiにも対応します。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 「Xperia GX SO-04D」。1.5GHzデュアルコアプロセッサ搭載。Xi、おサイフケータイに対応。本体の裏がアーク形状。液晶サイズが約4.6インチありますが、コンパクトに感じました。
[画像のクリックで拡大表示]

図3 「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」。液晶が約4.7インチで「Super CGシリコン液晶」を搭載し、バックライトが最少でも視認性が高くなっていました。
[画像のクリックで拡大表示]

図4 「ARROWS X F-10D」。1.5GHzのクアッドコアCPUで高性能。処理が非常に速いです。
[画像のクリックで拡大表示]

図5 「REGZA Phone T-02D」。Xi、NOTTV対応。「レグザリンク・シェア」対応でREGZAテレビ、REGZAブルーレイと連携。
[画像のクリックで拡大表示]

図6 「Optimus Vu L-06D」。5インチの大画面液晶で縦横比を4:3のため、本体が正方形のように見えて、異彩を放っていました。手書き入力、Xi、NOTTV、防水、おサイフケータイ、ワンセグ、などフルスペック対応。
[画像のクリックで拡大表示]

図7 「L-06D JOJO」。マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」とのコラボレーションによるスマートフォン。
[画像のクリックで拡大表示]

図8 「ELUGA power P-07D」。液晶は5インチ。Xi対応。ノートパソコン「Let's note」と連携機能があります。
[画像のクリックで拡大表示]

図9 「AQUOS PHONE sv SH-10D」。NOTTV対応。NOTTVのテレビ出力機能あり。
[画像のクリックで拡大表示]

図10 「SH-06D NERV」。2012年秋に公開予定の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」コラボモデル。
[画像のクリックで拡大表示]

図11 「F-09D ANTEPRIMA」。ファッションブランド「ANTEPRIMA」コラボモデル。
[画像のクリックで拡大表示]

図12 「AQUOS PHONE st SH-07D」。ユニークなデザイン。音楽再生に特化された機能搭載。
[画像のクリックで拡大表示]

図13 「Optimus it L-05D」。Xi、防水、おサイフケータイ対応。4インチ液晶でコンパクトな印象。
[画像のクリックで拡大表示]

図14 「MEDIAS X N-07D」。Xi、NOTTV対応。
[画像のクリックで拡大表示]

図15 「ELUGA V P-06D」。4.6インチ液晶。DIGA連携機能あり。
[画像のクリックで拡大表示]

図16 「ARROWS Me F-11D」。40代向けスマホ。iモードからの乗り換えユーザー向け。
[画像のクリックで拡大表示]

図17 「Xperia SX SO-05D」重さ95gでXi、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ対応。
[画像のクリックで拡大表示]

図18 「ELUGA Live P-08D」。10.1インチ、防水・防塵、NOTTV対応のタブレット。
[画像のクリックで拡大表示]

図19 「キッズケータイ HW-01D」。中国ファーウェイ製のフィーチャーフォン。2インチ液晶。イマドコサーチ対応。
[画像のクリックで拡大表示]

図20 「L-04D」。Xi対応モバイルWi-Fiルーター。連続通信時間はXiエリアで約4時間、FOMAエリアで約5時間。カラフルなカラーリング。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら