直井研究員(以下直井):所長~!やりました!!とうとうこの日を迎えました!!!

平野所長(以下平野):どうしたんだい?そんなに慌てて。

直井:大台です!

平野:Facebookの友達が100人を超えたとか?

直井:ぶ~。違いますよ!コラムの連載が今日で100号目なんです!

平野:そうかそうか。嬉しいね。2年前の2010年5月10日にスタートしたビジネスメール事件簿。毎週、欠かさず執筆して100回も続いていたんだね。継続は力なりだよ。

直井:そうですよ。今日は祝杯です!これだけメールが使われていると毎日が事件です。ちょっとしたことでイラッとしたり、ムカッとしたり、気分が良くなったり。

平野:よく「メールだけで、よくそんなに書くことがありますね」と驚かれるが、毎週届く読者さんからの投稿にも支えられ、ここまでやってきた。

直井:きっと、私のファンが95%で、所長のファンが5%。このコラムが続いているのは私のおかげですね!

平野:なんて生意気な。その数字は現実的ではないだろう。おそらく私のファンが2%。直井さんのファンがせいぜい8%。その他90%はコンテンツの魅力だろう。それはさておき、記念すべき100号目の事件はなんだい?

直井:待っていました!このメールを見てください。

[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら